投資のススメ 無職の私でも投資ができた!
投資のススメ 無職の私でも投資ができた! > 投資信託 > 投資信託のメリットとデメリット・リスクとは!?失敗しない始め方

投資信託のメリットとデメリット・リスクとは!?失敗しない始め方

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

投資信託とは、文字の通り「投資を信じて託すこと」で、投資家から集めたお金をもとに、運用の専門家(ファンドマネジャー)が株や債券などの複数の商品に投資・運用する金融商品のことです。運用の専門家に運用をしてもらうのですが常に収益があるとは限りません。収益がでない場合は元本割れをすることもあります。もちろん収益があれば投資家にも還元される仕組みになっています。投資信託は株や社債よりも安く購入でき、千円や1万円から購入することができます。
そんな投資信託についてのメリットとデメリット・リスク、購入先などを初心者の方でも分かるようにご紹介致します。

 

投資信託のメリットとデメリット・リスクとは!?失敗しない始め方

 

投資信託とはなに?

投資信託(投信)とは、文字の通り「投資を信じて託すこと」で、投資家から集めたお金をもとに、運用の専門家(ファンドマネジャー)が株や債券などの複数の商品に投資・運用する金融商品のことです。運用の専門家に資金を運用をしてもらうのですが常に収益があるとは限りません。収益がでない場合は元本割れをすることもあります。もちろん収益があれば投資家にも還元される仕組みになっています。そうなんです、投資信託は、元本が保証された金融商品ではないんです。
ただ、投資信託は分散投資といって、1つの投資先だけに資金を集中させるのではなく、日本株をはじめ、世界中の株や債券、コモデティ(商品)などさまざまな金融商品を対象に投資します。ですのでそれによってリスク分散されているから1つの投資先だけに資金を集中させる投資よりも安全だと言えます。
また、ある特定の銘柄に直接投資はできませんが、自分が投資したい銘柄が組み込まれた投資信託を選んで購入することはできます。たとえば、NTTドコモやソフトバンク、トヨタ自動車など有名な企業にも少額で投資ができます。

 

投資信託はいくらから、どこで購入できるの?

投資信託はSBI証券などのネット証券で千円から、中には100円から始めることがでるネット証券もあります。その投資信託のほとんどが基本的には毎月積立する商品になっています。
投資信託に投資されている多くの方がNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)を利用されています。というのも口座内の商品から発生する配当金、分配金、譲渡益が年間120万円、最長5年間まで非課税になるからなんです。このNISAを利用できるのは上場株式か投資信託のいずれかになります。多くの証券会社ではNISAの口座を開設できますので投資信託に投資される場合は、一緒に申し込んでおくことをオススメ致します。

 

投資信託のメリットとデメリット・リスクはなに? 失敗しない始め方

投資信託とは、投資家から集めたお金をもとに、運用の専門家であるファンドマネジャーが株や債券などの複数の商品に投資・運用する金融商品のことです。運用の専門家に運用をしてもらうのですが常に収益があるとは限りません。収益がでない場合は元本割れをすることもあります。もちろん収益があれば投資家にも還元される仕組みになっています。
そこで投資信託のメリットとデメリット・リスクをまとめましたのでご紹介致します。

 

メリット デメリット・リスク
・少額(100円)から始めることができる
・投資のプロに運用を任せられる
・分散投資できる
・NISAで非課税
・元本は保証されない
・購入手数料や運用コスト・解約手数料がかかる

 

投資信託は株や社債と違って少額からネット証券で始めることができます。投資信託を扱っているネット証券の中には100円から始められる商品もあります。投資信託は投資家から集めたお金をもとに、運用のプロであるファンドマネジャーが株や債券などの複数の商品に投資・運用してくれるので、投資の知識やテクニックなど必要はありません。しかも1つの投資先だけに資金を集中させるのではなく、日本株をはじめ、世界中の株や債券、コモデティ(商品)などさまざまな金融商品を対象に投資します。ですのでそれによってリスク分散されているから1つの投資先だけに資金を集中させる投資よりも安全だと言えます。
さらに投資信託はNISAを利用できるので配当金や分配金、譲渡益が年間120万円まで非課税になります。
ただリスクとして忘れてはならないのは「元本は保証されない」ということです。市場の動向や国際情勢によっては損失ができることもあります。最終的には元本割れといいうリスクがあることを忘れていけません。その他にも投資信託には、購入手数料や運用コスト・解約手数料がかかることも認識しておきましょう。

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。