投資のススメ 無職の私でも投資ができた!
投資のススメ 無職の私でも投資ができた! > 株式投資 > 株式投資の初心者が失敗しない始め方 おすすめの口座とは!?

株式投資の初心者が失敗しない始め方 おすすめの口座とは!?

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

株式投資とは、企業が発行する株を利益を得るために売買することや株主優待や配当金を受けることを言います。
株式投資というと銘柄も多く難しい・恐ろしいという印象をお持ちの方も少なくはありません。
確かに初心者にとってはどの会社の株が良くなるのか見極めるのは容易ではありません。
しかし、正しい知識を身につけ、きちんと情報収集を行うことで初心者の方でもしっかり運用することができます。
そこで今回は 株式投資の初心者が失敗しない始め方やオススメの口座をご紹介致します。

 

株式投資の初心者が失敗しない始め方 おすすめの口座とは!?

 

株式投信は3つの利益を生み出す

株式投信は3つの利益を生み出します。その3つとは「売買益」、「株主優待」、「配当金」です。
それぞれについて詳しくご紹介を致します。

 

1. 売買益
売買益とは保有していた株が値上がりによって得られる収益です。キャピタルゲイン(capital gain)とも言います。株価が安い時点で購入し値上がりした時点で売却することで得られる利益です。例えば10万円で購入した株が1年後に11万円に値上がりし売却。その売買益は1万円となります。逆に保有していた株が値下がりにより損を生む出すこともあります。これはキャピタルロス(Capital loss)とも言います。例えば、10万円で購入した株が1年後に9万円に値下がりし売却。その売買差損は1万となります。

 

2. 株主優待
株主優待とは企業が株主に感謝の気持ちを込めて「企業の自社製品やサービスなど」などを提供するものです。株主優待は各社によって様々で金券を配るところもあれば、自社のサービスの提供、お米などの現物支給などがあります。株主優待は、現在約1,000社程度が導入しています。日本テレビのバラエティー番組「月曜から夜ふかし 」で一躍人気者になった桐谷広人さんはこの株主優待だけで生活をされています。映画を見たり焼き肉を食べたりジムに行ったりと株主優待だけでも生活はできてしまうので安定的な収益となることから、大きな注目を集めています。

 

3. 配当金
配当金とは会社が得た利益の一部を株主へ支払うもので日本の平均的な配当は年2%前後で配当は年に1回か2回あります。そんな中、「みずほフィナンシャルグループ」の配当利回りは3.5%。100万を投資した場合年間3万5000円もの収入になります。銀行に預けた時の利子とは比べものになりませんよね。このような魅力があることから株式投資が注目をされている訳なんです。

 

株式投資の初心者が失敗しない始め方

株式投信は3つの利益が生み出されることをご紹介致しましたがその他にも知っておくべき知識やリスクがあります。そこで株式投資を始める前に初心者が失敗しない始め方をまとめましたのでご紹介致します。

 

株はどこで買える?

株は証券会社を通して証券取引所から買うことができます。この証券取引所は東京、大阪、名古屋、札幌、福岡にあり、中でも最も大きいのが世界三大証券取引所のひとつと言われる東京証券取引所 (東証 )です。テレビのニュースとかでもよく見かけたりします。投資家の方々は直接証券取引所から株式を購入することができませんので、SBI証券や楽天証券、カブドットコム証券などの証券会社を通して欲しい銘柄の株式を購入することになります。

 

株式投資はいくらから始められるの?

購入する銘柄の株価によって異なり1万円程度の株があれば数十万円、数百万必要な銘柄もあります。株を購入するには、「現在の株価」×「購入株数」+「証券会社の手数料」が必要になります。

 

株式投資の取引には手数料がかかる

株式取引には手数料が発生し、その手数料は、証券会社によって違います。また、ネット証券と大手証券店頭でも取引手数料は大きく違います。たとえば、DMM株の取引手数料は20万以下なら98円(税込)ですが、野村証券の店頭手数料は20万円以下の場合で2808円(税込)にもなります。ですのでネット証券の方が断然お得になっています。

 

株式取引には取引可能な時間帯がある

株式取引はFXと違って24時間356日取引できません。株式取引にも時間があります。東証やJASDAQは、前場9:00~11:30、後場12:30~15:00です。また、名証やセントレックスは前場9:00~11:30、後場12:30~15:30です。

 

証券取引所 前場 後場
 東証・JASDAQ  9:00~11:30  12:30~15:00
 名証・セントレックス  9:00~11:30  12:30~15:30

  
 

 

こんな株の購入には気をつけろ!

株式を購入する際に注意する点が2点あります。1つは、「株価が100円を割り込んでいる銘柄」、もう一つは、「社名を2回も3回も変更している会社の銘柄」です。100円を割り込んだ銘柄は、株式市場では倒産リスクをはらんでんでいて、いつ倒産してもおかしくないものと株式市場では判断されています。また、社名を2回も、3回も変更している会社については注意が必要です。というのも事業が低迷していることを隠すために社名変更した事例も数多くあるからです。中には、会社が合併したことによって社名を変更した会社もありますが、事業が低迷していることを隠すために社名変更している場合もありますので要注意です。

 

株式投資にも短期投資と長期投資がある

株式投資にも短期投資と長期投資があります。短期投資とは値上がりしたらすぐに売却する手法で、長期投資は将来の成長を予測し値上がりを待つ手法です。短期投資は自分が目標としている株価まで値上がりしたら、すぐに売却する投資法で、早い人では買ったその日のうちに売却したりします。デイトレとも呼ばれたりします。一方の長期投資は、3年後、5年後、10年後には、会社の規模が大きくなって会社の利益が10倍、20倍と大きくなることを期待して買う投資方法です。

 

オススメの取引口座

オススメの株式投資の取引口座は「DMM株」です。その理由は手数料の安さです。どのぐらい安いかをSBI証券や楽天証券などとと比べてみましたのでご覧ください。

約定金額 DMM株 SBI証券 楽天証券 GMOクリック証券 マネックス証券
5万円以下 50円 50円 50円 88円 100円
10万円以下 80円 90円 90円 88円 100円
20万円以下 97円 105円 105円 98円 180円
50万円以下 180円 250円 250円 241円 450円
100万円以下 340円 487円 487円 436円 約定金額の0.1%
150万円以下 400円 582円 582円 528円 約定金額の0.1%
300万円以下 600円 921円 921円 834円 約定金額の0.1%
3,000万円以下 800円 921円 921円 834円 約定金額の0.1%
3,000万円超 800円 973円 973円 889円 約定金額の0.1%

※上記金額は税抜です

 

次にオススメしたいのが「SBI証券」です。
主要オンライン証券で口座数・売買委託金額で圧倒的なNo1証券会社です。多くの個人投資家のメイン口座として利用されています。
手数料もDMM株に次いでの安さですが、オススメの理由は、IPO(新規公開株)を主要オンライン証券の中で一番取り扱っているからです。ちなみにIPO(新規公開株)とは、「Initial Public Offering」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。IPO株は初値が値上がりすることが多く、大きな利益を得られる可能性を秘めているため人気は高く、倍率の高い抽選に当選しないと購入できないほどの人気があるんです。
どれほどSBI証券がIPO(新規公開株)を扱っているか実績数をご紹介致します。

 

証券会社 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
SBI証券 85社 76社 82社 65社 44社
楽天証券 4社社 8社 10社 2社 2社
カブドットコム証券 24社 20社 18社 19社 16社
マネックス証券 46社 46社 52社 39社 34社
松井証券 13社 11社 16社 5社 2社

 

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。