投資のススメ 無職の私でも投資ができた!
投資のススメ 無職の私でも投資ができた! > 個人型確定拠出年金(iDeCo) > 個人型確定拠出年金(iDeCo)のデメリットは何?手数料はどこが安い?

個人型確定拠出年金(iDeCo)のデメリットは何?手数料はどこが安い?

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

個人型確定拠出年金は私的年金のひとつで、別名「iDeCo(イデコ)とも呼ばれています。これは individual-type Defined Contribution pension planの頭文字からそういう愛称が付きました。
この個人型確定拠出年金は掛金が全額所得控除されたり、運用益が非課税になったりと節税対策として人気が高く、専業主婦(夫)や公務員を含め、基本的に60歳未満の全ての成人が利用できます。
しかも60歳以降に積立金を取り崩して給付を受けられるので将来不安な老後にも備えられるということで人気のようです。
そんな個人型確定拠出年金(iDeCo)にデメリットは無いのでしょうか。また、iDeCoはどうやって始めれば良いのか、手数料はどこの金融機関が安いのかなど不安や疑問もあります。
そこで今回は、個人型確定拠出年金(iDeCo)のデメリットや口座開設方法、手数料が安い金融機関などをご紹介致します。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)のデメリットは何?手数料はどこが安い?

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは!?

個人型確定拠出年金は私的年金のひとつで、別名「iDeCo(イデコ)とも呼ばれています。これは individual-type Defined Contribution pension planの頭文字からそういう愛称が付きました。
この個人型確定拠出年金は掛金が全額所得控除されたり、運用益に課税される税金(源泉分離課税20.315%)が非課税になったりと節税対策として人気が高く、専業主婦(夫)や公務員を含め、基本的に60歳未満の全ての成人が利用できます。しかも、受取時には「退職所得控除」(一時金の場合)、「公的年金等控除」(年金受取の場合)が受けられるなどのメリットもあるんです。さらに、60歳以降に積立金を取り崩して給付を受けられるので将来不安な老後にも備えられるんです。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)はいくらから?口座開設方法

個人型確定拠出年金(iDeCo)は楽天証券やSBI証券などのネット証券や銀行などで個人型確定拠出年金(iDeCo)専用の口座を開設しなければなりません。口座を開設する時の注意点としては、証券会社や金融機関によっては口座管理手数料や運用できる金融商品(定期預金や保険、投資信託)が異なりますので手数料の安い金融機関を選ぶことをオススメ致します。また、個人型確定拠出年金の掛金は安いところでは、毎月¥5,000円から¥1,000円単位で上乗せできます。が、金融機関によっては毎月の掛金が¥10,000円以上という条件もありますのであわせて注意して口座を開設をしましょう。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料が安い金融機関

個人型確定拠出年金(iDeCo)を運用するにあたっての手数料には、国民年金基金連合会への手数料や口座管理手数料、給付事務手数料などが必要になります。
それらの手数料を金融機関毎に比較をしてみましたのでご紹介致します。

金融機関名 加入時(初回) 口座管理手数料(毎月) 移転時 受取時
積立アリ 積立ナシ
イオン銀行 ¥2,777円 ¥167円 ¥64円 ¥432円
野村証券 ¥2,777円 ¥167円 ¥64円 ¥432円
楽天証券 ¥2,777円 ¥167円 ¥64円 ¥4,320円 ¥432円
SBI証券 ¥2,777円 ¥167円 ¥64円 ¥4,320円 ¥432円
三井住友銀行 ¥2,777円 ¥422円 ¥319円 ¥432円
三菱UFJ銀行 ¥2,777円 ¥422円 ¥319円 ¥432円
ゆうちょ銀行 ¥2,777円 ¥422円 ¥319円 ¥432円

 

毎月の掛金の積立に手数料がかかるのは大変辛いですね。ですからできるだけ毎月の手数料が低い金融機関を選ぶことをオススメ致します。この他にも地方銀行でも個人型確定拠出年金(iDeCo)の口座開設を取り扱っていますのでお近くの銀行に問い合わせて比べてみてはいかがでしょうか。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットとデメリット・リスク

個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットとデメリット・リスクをまとめましたのでご紹介致します。

メリット デメリット・リスク
・毎月¥5,000円から始められる
・掛金が全額所得控除される
・60歳未満の全ての成人が利用できる
・運用益に課税される税金(源泉分離課税20.315%)が非課税
・受取時には「退職所得控除」、「公的年金等控除」が受けられる
・60歳以降にしか受け取ることができない
・元本割れの可能性がある
・手数料がかかる

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、金融機関にもよりますが、毎月¥5,000円から¥1,000円単位で始めることができます。FX(外国為替証拠金取引)や株式投資よりも断然少ない金額から始められます。しかも、個人型確定拠出年金(iDeCo)は節税対策に大きなメリットがあります。それは、掛金が全額所得控除されたり、運用益に課税される税金(源泉分離課税20.315%)が非課税になったりするんです。さらに、受取時には「退職所得控除」、「公的年金等控除」も受けられるんですよ♪
ただ、60歳以降にしか受け取ることができないというメリットがあります。その他にも株式や外国債券などで運用をするので元本が保証されているわけではありません。また、毎月手数料がかかったりするというデメリットもあります。

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。