投資のススメ 無職の私でも投資ができた!
投資のススメ 無職の私でも投資ができた! > FX(外国為替証拠金取引) > FX口座開設はキャッシュバックがもらえるキャンペーンのある会社を選べ

FX口座開設はキャッシュバックがもらえるキャンペーンのある会社を選べ

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

FXを始めよう思ってもどのFX会社にすれば良いのか選ぶポイントが分からず決めかねてしまうものです。
FX会社と言ってもたくさんあってチャートやスプレッド、スワップポイントがそれぞれのFX会社で違ってきます。
チャートが見ずらかったり、スプレッドが高かったりするとFX取引には不利になることもあります。
また、スマホに対応したアプリが提供されていることも刻々と変化するFX取引では重要です。
そこで、これから本格的にFXで取引をしていこうと考えている方に、FX会社を選ぶポイントから開設に必要な準備、また、やキャッシュバックがもらえるキャンペーンをしているFX会社をご紹介致します。
FX口座開設はキャッシュバックがもらえるキャンペーンのある会社を選べ

 

FX会社の選ぶポイント

FX会社の選ぶポイントはこの7つです。
1.取引単位が1,000通貨に対応している
2.スプレッドが低い
3.チャートが見やすく使いやすい
4.スワップポイントが高い
5.スマホに対応したアプリがある
6.自己資本規制比率をチェックしてからFX会社を選べ
7.キャッシュバックがもらえるキャンペーンのある会社を選べ

 

では、それぞれのFX会社の選ぶポイントをご紹介致します。

 

1.取引単位が1,000通貨に対応している

FXの取引する単位を「通貨」とか、「Lot(ロット)」とか呼びます。
どのFX会社も1万通過を取引の基本としていて、1万通過を1Lotと呼んでいます。
ちなみに1,000通過で取引をする場合は、0.1Lotとなります。
この1万通過や1,000通過はどのぐらいになるかドル円で考えてみましょう。
仮にドル円が1ドル 100円とすると、1万通過では、100万円(1万×100円)、1000通過なら10万円(1000円×100円)にもなるんです。
この100万とか10万円の通貨を数万円から数千円の証拠金で取引をして稼ぐという訳なんです。
FXの取引を始めてすぐに利益を上げていくということはないでしょう。
数回利益を上げたとしても損をしたりするはずです。
ですので、慣れないうちは最小の単位で取引をして慣れてきてから大きな運用をすれば良いと思います。
そのためにも1000通過という小さい単位で取引できるFX会社を選ぶべきなんです。

 

2.スプレッドが低い

スプレッドとは、「通貨を売る時の値段(BID)と通貨を買う時の値段(ASK)の差」をスプレッドといいます。
乱暴な言い方をすると、スプレッドとは、FX業者へ支払う手数料のことです。
例えば、現在のドル円のレートが、「BID(売り)111.487 / ASK(買)111.490」の場合、0.3銭がFX業者へ支払う手数料になります。
FX取引のスプレッドとは!?
たかが、0.3銭と思ってはいけません。
なぜなら、取引する単位が、1万単位(1Lotと呼ぶ)の場合、30円になります。
10万Lotで取引をすると、300円、
100万Lotので取引をすると、、3,000円にもなるんです。
取引開始直後からすでに300円なり、3,000円がマイナスになったところから取引が始まる訳ですから、このスプレッドが小さい方が良いというのを分かって頂けると思います。
ちなみに、取引する単位はFX会社によって違っていて1,000単位から取引できるFX会社もあれば、1万単位からしかできないFX会社もあります。

 

3.チャートが見やすく使いやすい

FX取引のチャート
これからFXで稼ごうと思っている方ならチャートは見やすく、使いやすいチャートのFX会社を選ぶべきです。
FX取引を始めたばかりは、チャートをみてもよく分からないと思いますが、勉強していくと「こう言うチャートが見たい」とか、「トレンドラインを引きたい」とか色々な要望ができきます。
その時にできないとわかって後悔しても遅いんですね。だから実際にチャートを見て操作を使い比べてから実際の取引するFX業者を決めましょう。
それには、1つのFX業者だけではなく、複数のFX業者で口座を開設することをオススメ致します。
私の場合、チャートはA社のものを使用しながら、実際の取引はスプレッドが低いB社を利用しています。

 

4.スワップポイントが高い

スワップポイントとは、FXで得られる利益のひとつで、2つの通貨の金利差のことをいいます。
なんかよく分かりませんよね。
簡単に言うと、金利としてもらえてしまうんです。
例えば、ドル円を1lotを「買」で持っているとします。
1日のスワップポイントが50円とすると、10日で500円もの金利が付くという訳なんです。
逆にドル円を1lotを「売」で持っているとします。
1日のスワップポイントがマイナス85円とすると、10日で850円もマイナスになるんです。
「買」は金利としてもらえますが、「売」の場合はマイナスになるので注意しましょう。
こちらは「みんなのFX」のスワップポイントカレンダーです。
「みんなのFX」のスワップポイントカレンダー

 

5.スマホに対応したアプリがある

スマホに対応したアプリがあるFX会社
スマホに対応していることはとても重要です。なぜなら、急な相場の変化で急いで取引をしたい時や変更したときでも外出先からも取引ができるからです。また通勤途中でも取引できたり、チャートを見て取引ができるからです。お勧めは複数のFX会社で口座を開設して、自分にあった使いやすいスマホアプリのFX会社で取引することをオススメ致します。

 

6.自己資本規制比率をチェックしてからFX会社を選べ

FX会社を決めるポイントとして自己資本規制比率はとても重要なポイントです。というのも、私たちは大事な資産をFX会社に預けます。でもそのFX会社が破綻するとどうなるでしょうか。そのため、FX会社(金融先物取引業者)の健全性をチェックしておく必要があります。その健全性をチェックするには、自己資本規制比率を確認します。この自己資本規制比率は、140%を下回った場合は金融庁への届出が必要です。120%を下回った場合、業務改善命令。100%を下回った場合、3ヶ月以下の業務停止命令もしくは、登録取り消し命令が発動されます。その自己資本規制比率が高ければ高いほど、そのFX会社の破産するリスクは少ないということになります。
こちらは、トレイダーズ証券の自己資本規制比率です。193.6%と健全であることが分かります。

トレイダーズ証券の自己資本規制比率

 

7.キャッシュバックがもらえるキャンペーンのある会社を選べ

FX会社の中には口座開設をするとキャンペーンで最高¥50,000円とか、¥20,000円がキャッシュバックされるFX業者もあります。決められた期間内で、取引量に応じてキャッシュバックされます。多くの取引をすることで\50,000円がキャッシュバックされますので、開設当初は難しいと思います。でも数千円ぐらいなら確実にキャッシュバックできたりします。無いよりは有った方が良いのでぜひ口座開設時の検討のポイントとして覚えておいてくださいね(^^♪

 

FX口座開設に必要な書類の準備と流れ

一般的なFX口座開設に必要な書類の準備と流れについてご紹介致します。
FX口座開設にあたっては、本人確認書類やマイナンバー書類が必要になります。
本人確認書類にはこのようなものがあります。

 顔写真あり 免許書(表面、裏面)、住民基本台帳カード、パスポート(顔写真記載のページと所持人記入欄のページが必要)、在留カード(表面、裏面)、特別永住者証明書(表面、裏面)、個人番号カード(表面、裏面)
 顔写真なし 健康保険証(表面、裏面)、住民票の写し、印鑑登録証明書

※顔写真なしの本人確認書類の場合、2種類が必要になる場合があります。詳細は口座開設をするFX会社を確認してください。
※満20歳未満のお客様は、「本人確認書類」、「マイナンバー書類」に加え、「未成年者必要書類」が必要になる場合もございます。詳細は口座開設をするFX会社を確認してください。

 

FX口座開設はこのような流れになります。
1.口座開設フォームの必要事項を入力、さきほど準備した本人確認書類やマイナンバー書類、未成年者必要書類を送付します。
2.FX会社からログイン情報や入金先の銀行口座番号が送られてきます。
3.取引スタート(^^♪
FX口座開設に必要な書類の準備と流れ
口座開設フォームの入力や本人確認書類、マイナンバー書類、未成年者必要書類などの送付にかかる時間は5分から10分程度です。それほど難しいことではありませんのでご安心下さい。

 

オススメのFX会社はトレイダーズ証券「みんなのFX」

オススメのFX会社はトレイダーズ証券「みんなのFX」です。
なぜなら、スプレッドは業界最狭水準、スワップポイントも高く、スマホに対応したアプリがあるからです。
それらの評価をまとめましたのでご紹介致します。

 FX会社を選ぶポイント 評価
 取引単位が1,000通貨に対応している 〇
 スプレッドが低い 〇
 チャートが見やすく使いやすい 〇
 スワップポイントが高い 〇
 スマホに対応したアプリがある 〇
 自己資本規制比率をチェックしてからFX会社を選べ 〇
 キャッシュバックがもらえるキャンペーンのある会社を選べ 〇

 

「みんなのFX」は、主要6通貨ペアで業界最狭水準のスプレッドなんです。

通貨ペア スプレッド
 米ドル/円  0.3銭
 ユーロ/円  0.4銭
 ポンド/円  0.9銭
 豪ドル/円  0.6銭
 NZドル/円  1.0銭
 ユーロ/ドル  0.3銭

 
スマホ アプリもとても使いやすく外出先からも急な変動に即対応ができます。
しかもFX口座開設するだけで、システムトレードバイナリーオプションまでも取引ができてしまうんです。
システムトレードとは、数量または投資金額を指定するだけで自動で売買してくれるシステムです。難しい設定も一切不要で、あなたが寝ている間も仕事中も、
ストラテジーが賢く取引してくれます。
また、バイナリーオプション(binary option)とは、為替金融商品の一種で、為替ペアが「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定しする取引を言います。つまり「0」か「1」かの二者択一しかない取引だからとてもシンプルなんです。

 

みんなのFXで口座開設をしてみる>>>

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

error: Content is protected !!